「ごはんのうつわ さかなのうつわ」オープン!

「ごはんのうつわ さかなのうつわ」はじまりました。
あいにくの雨。かと思ったらオープン時間には雨もやみ、晴れ間も現れるほどでした。


普段の行いがいいんでしょうね〜。
ということで店内はこんな感じになりました。
まずは最後に到着して昨日のブログに間に合わなかったもの。
ごはんの企画展なので、炊飯土鍋、しゃもじ、漆椀などごはんまわりの道具も揃えました。

1200年の歴史を持つ浄法寺塗り。日本で使用される漆は1%のみが国産漆といわれ。
最大で最高品質の産地が岩手県浄法寺。その大変貴重な国産漆をふんだんに使用する椀です。
塗師の仕事は7割まで、あとの3割は使い手が完成させると塗師たちが言うように、
使われてこそ麗しく磨かれていく器です。
奥の朱漆の上に半透明の透き漆を塗って仕上げる「溜塗」は、
使うほどに朱色が透けてみえてきて、えもいわれぬ色に変わっていきます。
こちらからは一回ご紹介してるので店内の雰囲気とあわせてお楽しみください。

梅干しや佃煮を入れるのに丁度よさそうな蓋物もあります。
それから京都の竹箸や江戸の木箸もご用意しています。

http://www.sm-l.jp/blog/2504

smadmin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です